我が家にとって、寂しいお知らせがありました。

次女を出産した助産院さんが
8月いっぱいで閉めてしまうことになったのです。


150817megumi (2)

ここの助産院さんのおかげで
それはそれは幸せな出産体験をできたので
私にとって助産師さんは
恩人、天使、神様のような存在。

そして、助産院は次女が誕生した聖地
思い出の場所なので
本当に本当に残念ではありますが

せめて最後に、次女に
「あなたはこの場所で生まれたんだよ」
というのを見せてあげたくて
片付けでお忙しいであろう中
無理言っておじゃまさせていただきました。


150817megumi (1)


ここが、出産後に入院していた六畳間。
助産師さんが作ってくれる食事も美味しくて
とってもくつろいで過ごした至福の入院生活でした。
あぁ、懐かしい…



最近は、助産院の需要が減って
無痛分娩を希望する妊婦さんが増えているのだとか。

そうなんだぁ。。。

うーん
もしかして、いまだに
「鼻からスイカを出すくらい痛い」とかいう、
まるで臨場感とセンスのないたとえで
妊婦さんたちを脅しているのだろうか。
そんなに、痛いとか大変とか
産む前からわざわざ脅さなくてもいいのになぁ。

出産もいろんなスタイルがあってよいと思います。
痛いのを恐れすぎてストレスになるくらいなら
無痛分娩もよいと思います。

どんな形であれ、
生まれることに変わりはないのだから。

でももし、
自然分娩を体験できる条件がそろっているのならば
それはとても幸運なことだと思うので
生命力に身をまかせてみるのは
とても感動的な体験だと思います。



最後に、家族でまたここに来られてよかった。
助産師さんたちと
出産当時の思い出を語りだしたら止まらなくて
すっかり長居してしまいました。

本当に本当にありがとうございました。

夏休みという長い連休明け

お母さんも夏休み

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。