「なんか、雲行きが怪しくなってきたねぇ」

と言うと、

「雪じゃないのに、なんで 『くもゆき』 なの?」

と、不思議そうな顔の長女。

あー、なるほどぉー
雲雪?雲の雪?雪の雲?


耳で覚えた言葉が、
漢字と結びつかないうちは
ひとつの発音から、
いろんな発想がわいてくる。

日本語と子供の組み合わせは
とっても面白いなー。

雲行きならぬ、言葉行き。

ひらがなのままの言葉が
雲みたいにふわふわと想像の空を浮かんで
どこへ行くかは、その子次第。



ちなみに、私は
「けんこうこつ」を「健康骨」だと思ってました。
つい、最近まで。
えっ?肩甲骨???

これは、ただの常識の無さすぎか…

夫氏曰く
「お前、日本語知らな過ぎ」
なもので


スケートせんしゅになる

言葉足らず

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。