次女が小学生になり、気が付けば
あっという間…とは言えないけれど
あれあれっという間に、1か月が過ぎました。

あっという間と言えない理由は
入学当初の多事多難ぶりでしょうか。

「じかんわりって、なに?」
と、質問され、まず仰天。
すっかり当たり前になっていた時間割という言葉。
そうか、知らないのか

それから、時間割の意味を説明し
時間割表の見方を説明し
明日の持ち物をそろえるだけでも
たっぷり30分以上

入学式の数日後には
さっそく男の子に派手に泣かされ
わざわざ担任の先生から連絡が

姉妹で体操着を入れ間違える事件も発生。

校帽紛失事件も発生。

つい何日か前まで保育園児だった生き物が
学校という文化に馴染むまでは
やっぱりちょっと大変でした

おまけに、次女が思っていた「学校」とは
どうやらイメージが違っていたらしく
最初のうちは、どうもつまらない様子。

そりゃあ、
じっとしているのも好きじゃない
人の話を聞くのも好きじゃない次女が
その両方を強いられるのですから
面白くないだろうことは想像がつきます。


おそらく、徐々にお友達も増えてきて
学校生活の手の抜き方なんかもわかってきて
だんだん楽しそうに通うようになりました。

同じ学校にお姉ちゃんがいるというのも
きっと次女にとってはかなりの安心材料。

母としては、ひとまず、ホッ

もちろん、これからまだまだ
母の想像を超えた何かをやらかすのかもしれませんが
どうせ行くなら、学校生活、楽しんでね

誕生日と結婚記念日

長女と宝塚「るろうに剣心」

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。